Power Automate 「共有リンクの作成(OneDrive For Business)」アクション

「共有リンクの作成(OneDrive For Business)」は

OneDrive上の指定ファイルの共有用URLを作成するアクションです。

この記事では、その使い方を紹介します。

前提条件

「Microsoft 365 Business」の「Standard」か「Premium」の契約が必要です。

利用方法

フローにステップを追加する際に「OneDrive For Business」コネクタを選択します。

フローにステップを追加する際に「OneDrive For Business」コネクタを選択

「アクション」より「共有リンクの作成」を選択します。

「アクション」より「共有リンクの作成」を選択

「共有リンクの作成」ステップが追加されるのでオプションを設定します。

「共有リンクの作成」ステップ
項目必須説明
ファイル共有リンクの作成するファイルのIDを指定します。
ピッカーで指定した場合はファイルパスに見えますが、表示だけで中身はIDです。
指定ファイルを削除してから、同名ファイルを作成しても別として扱われてしまいます。
(ファイルが存在しないエラーとなるので、フロー上で再指定が必要)
リンクの種類URLの用途を選択します。
・View…閲覧専用。(そのファイルに編集権限のあるユーザは編集可能)
・Edit…編集可能。
・Direct…ダウンロード用。
リンク スコープURLのアクセス可能な範囲を選択します。
・Organization…同一組織のユーザにログインしている場合のみアクセス可能。
・Anonymous…ログインなしでアクセス可能。

その後のステップで作成した共有URLを動的なコンテンツ「Web URL」として利用します。

関連記事

Power Automate 「OneDrive For Business」の記事一覧

Power Automate アクションの使い方の記事一覧