Power Automate 動的なコンテンツを式で取得する方法

この記事では動的なコンテンツの内容を式で取得する方法を紹介します。

多くの場合、動的なコンテンツを関数に利用するための必要になります。

手順

式には一定の決めごとがあるのですが、それを把握するよりも

動的なコンテンツを何らかのアクションに設置して

式を確認するほうが効率的です。(慣れると覚えてしまう可能性もありますが)

マウスオーバーすると動的なコンテンツの式を確認可能です。

動的なコンテンツの式を確認1
動的なコンテンツの式を確認2
動的なコンテンツの式を確認3
triggerOutputs()?['body/Body']
outputs('行の挿入')?['body/名前']
items('Apply_to_each')?['Name']

この場合、上記の構文をそのまま式に記入すると利用できます。

手で入力することも可能ですが、動的なコンテンツのある状態で

アクションの「…」より「コードのプレビュー」を開くと構文をそのままコピーできます。

アクションの「…」より「コードのプレビュー」

@は不要です。コピーしたら「完了」ボタンで元の状態に戻ります。

式をコピー

式にペーストして「OK」ボタンをクリックすれば完了です。

もちろん各関数に利用可能です。(そのための式ですが)

式にペーストして「OK」ボタンをクリックすれば完了

別解ですが、動的なコンテンツを変数に格納する方法もあります。

その場合は以下のように式に記述します。

variables('変数名')

Power Automateを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1200ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各トリガー/アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。(目次

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。(更新履歴

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

Power Automate メール本文を抽出する方法