Excel 離れた範囲のセルのデータから散布図を作成する方法

散布図を作るには基本的には隣接した2列のデータを指定した状態でグラフ作成します。

この記事では隣接していない状態のデータから散布図を作成する方法を紹介します。

まずその方法は二つあります。優劣は小さいので扱いやすい方を利用しましょう。

  1. 離れた範囲をセル選択してグラフ作成
  2. 空のグラフを作成してデータ選択

手順

離れた範囲をセル選択してグラフ作成

まず一つ目のデータのセル範囲を選択します。

次にCtrlを押しながら二つ目のセル範囲を選択します。

(別シートの場合、Ctrlキー不要)

そうすると離れたセル範囲が同時に選択された状態になります。

この状態で散布図を作成すると離れたセル範囲のデータから散布図が作成されます。

空のグラフを作成してデータ選択

まず空の散布図を作成します。

メニューの「挿入」からグラフ作成を行うと空のグラフになります。

空のグラフを右クリックし、「データの選択」を選択します。

「データソースの選択」が表示されるため凡例項目の「追加」をクリックします。

系列の編集が表示されます。

系列Xの値、系列Yの値がデータ範囲にあたるためセル選択します。

「OK」ボタンをクリックすると散布図が作成されます。

関連記事