Power Automate Desktop コメント

2021年12月23日

コメントはフローの動作に影響のないメモ書きを入れる機能です。

コメントの使い方

「フロー コントロール」の「コメント」ドラッグします。

コメント欄にメモ書きを記入して保存ボタンをクリックします。

フロー中にメモ書きが反映されます。

コメントが効果的な場面

アクションを見ただけでは意図が分かりづらい場所にコメントを入れると効果が高いです。

代表的には以下の状況があります。

UIの操作対象

例えばブラウザやUI要素の操作の場合、操作対象がわからない場合があります。

特にブラウザのUI要素はセレクタを表示しても何か不明な場合が多数です。

こういうケースではコメントで補足しておくと効果的です。

ループやIFの条件

ループやIFの条件はアクションの表示だけでは意図が分かりづらい場合があるため、

一番上にコメントを入れておくと効果が高いです。

次の記事

エラー(例外)処理の方法を紹介

Power Automate Desktopを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,700ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。(目次

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。(更新履歴

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

初心者向けの記事一覧

関連記事

「フローコントロール」の使い方の記事一覧