Power Automate Desktop 「ファイルの削除」アクション

2021年5月10日

指定の一つまたは複数のファイルを削除するアクションです。

利用方法

「アクション」の「ファイル」より「ファイルの削除」をドラッグします。

パラメータの設定画面が表示されるので値を指定します。

パラメータ

削除するファイル

削除対象を指定します。

ファイルを指定すると1つのファイル、フォルダーを指定するとその中のファイル全てが対象になります。

リスト変数で指定する場合、複数のファイルが対象になります。

フォルダーを指定する場合、そのままではエラーします。

「C:\test\test2」の下のファイルをすべて削除するには最後に\*を追加します。

この指定によりフォルダーの中のファイルをすべて削除します。

フォルダーは削除されずに残ります。

エラー発生時

必須ではありませんが、必要があればエラー処理を行います。

関連記事

「ファイル」の使い方の記事一覧