Power Automate Desktop「ウインドウのUI要素をクリックする」アクション

2021年10月29日

Windowsの指定オブジェクトをクリックするアクションです。

利用方法

「アクション」の「UI オートメーション」より「ウインドウのUI要素をクリックする」をドラッグします。

パラメータの設定画面が表示されるので値を指定します。

パラメータ

UI要素

クリックするオブジェクトを指定します。

入力欄をクリックすると次のようにポップアップされます。

すでにUI要素を登録している場合は対象を選択し、

未登録の場合は「新しいUI要素の追加」ボタンをクリックします。

次のウインドウが表示されるのでクリックしたい要素にマウスを合わせます。

マウスを合わせると赤枠で囲まれます。

その状態でCtrlを押しながらクリックします。

(左矢印は不要です)※2021年7月のアップデートで文言が修正されました

次の図のように選択したオブジェクトが表示されるため完了をクリックします。

入力欄に、次の図のように表示されれば完了です(テキストは選択したUI要素によって異なります)。

クリックの種類

どのクリックを行うかを選択します。

  • 左クリック
  • 右クリック
  • ダブル クリック
  • 左ボタンを押す
  • 左ボタンを離す
  • 右ボタンを押す
  • 右ボタンを離す

クリックは単独で使用し、押すと離すは2つのアクションを設置することが多くなります。

詳細(クリック位置調整)

必要に応じて相対位置とオフセットを利用してクリック位置を調整します。

基本的には初期状態でよいですが、

クリックできない場合は値を変えてテストしながら調整していきます。

相対位置は赤枠の中でどこをクリックするかを指定します。

中央では赤枠の中央、左を指定すると赤枠の左端をクリックします。

オフセットはその位置からピクセルで細かく調整します。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-109.png

例えば次のようにアクションを設置すると、

一つ目の左ボタンを押すアクションで、右端のスライダーを掴み、

二つ目の左ボタンを離すアクションで、左端でスライダーが離されます。

エラー発生時

必須ではありませんが、必要があればエラー処理を行います。

Power Automate Desktopを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,500ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

関連記事

「UI オートメーション」の使い方の記事一覧