Excel Office スクリプト 文字列連結演算子の使い方

2021年11月6日

Office スクリプトにおける文字列連結演算子の使い方を紹介します。

解説

VBAマクロでは「+」または「&」で文字列を繋げていましたが、

Office スクリプトでは「+」のみを使用します。

数値を文字列として結合するにはtoStringメソッドを使用して数値を文字列に変換します。

文字列に変換する値.toString()

「+=」を利用すると左辺のstring型変数の後ろに右辺の文字列を繋げます。

Office スクリプトを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り700円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

Excel Office スクリプトの記事一覧