Excel Office スクリプト 文字列連結演算子の使い方

2021年6月8日

Office スクリプトにおける文字列連結演算子の使い方を紹介します。

解説

VBAマクロでは「+」または「&」で文字列を繋げていましたが、

Office スクリプトでは「+」のみを使用します。

数値を文字列として結合するにはtoStringメソッドを使用して数値を文字列に変換します。

文字列に変換する値.toString()

「+=」を利用すると左辺のstring型変数の後ろに右辺の文字列を繋げます。

次の記事

条件分岐と論理演算子の使い方

関連記事

Excel Office スクリプトの記事一覧