Excel Office スクリプト 多次元配列の使い方

2021年11月6日

Office スクリプトにおける多次元配列の使い方を紹介します。

解説

配列を入れ子にする(配列の中に配列を入れる)と多次元配列になります。

事務処理では現実的に利用するのは二次元までのため(それ以上は分かりづらい面もあります)

二次元を例に解説します。二次元配列は行・列の表形式のデータだと思うと理解しやすいです。

二次元配列は次のように宣言します。(赤字は適宜変更

let 多次元配列変数名: 要素のデータ型[][];

データを取得するには次のように記述します。

多次元配列変数名[インデックス][インデックス];
コード例

全体的に[]が増えているだけで配列と同様です。

その他の操作方法も配列と同様です。

Office スクリプトを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り700円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

Excel Office スクリプトの記事一覧