Excel Office スクリプト セル(行・列)のクリア

2021年11月6日

Office スクリプトにおけるセル(行・列)のクリア方法を紹介します。

使い方

スクリプトの記録を使うとアクティブシートを対象にしますが、

起動する場所によって挙動が変わってしまうため、

シート名を指定しての操作を推奨します。(赤字は可変部分)

セル範囲.clear(クリア対象);

クリア対象指定

次の何れかを指定します。最後の青時部分が異なる場所で、途中まで同じです。

クリア対象指定
内容ExcelScript.ClearApplyTo.contents
書式ExcelScript.ClearApplyTo.formats
ハイパーリンク(内容と書式は残ります)ExcelScript.ClearApplyTo.hyperlinks
セルのハイパーリンクと書式
(内容、条件付き書式、およびデータ検証は残ります)
ExcelScript.ClearApplyTo.removeHyperlinks

セルクリア

セルアドレスで指定

TestシートのA1セルをクリアするには次のようにします。

getRangeメソッドでセルアドレスを指定します。

// A1セルをクリア
workbook.getWorksheet("Test").getRange("A1").clear(ExcelScript.ClearApplyTo.contents);
コード例

インデックス(0から始まる連番)で指定

TestシートのA1セルをクリアするには次のようにします。

getCellメソッドでインデックス指定します。1列目(A列)、1行目ともに0です。

A1セルはgetCell(0,0)になります。

// A1セルをクリア
workbook.getWorksheet("Test").getCell(0,0).clear(ExcelScript.ClearApplyTo.contents);
コード例

行指定

Testシートの1行目をクリアするには次のようにします。

workbook.getWorksheet("Test").getRange("1:1").clear(ExcelScript.ClearApplyTo.contents);
コード例

列指定

Testシートの1列目(A列)をクリアするには次のようにします。

workbook.getWorksheet("Test").getRange("A:A").clear(ExcelScript.ClearApplyTo.contents);
コード例

Office スクリプトを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り700円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

Excel Office スクリプトの記事一覧

マクロ・VBA(オフライン版)の場合