Power Automate Desktop「マウスクリックの送信」アクション

位置を指定してマウスクリックを発生させるアクションです。

利用方法

「アクション」の「マウスとキーボード」より「マウスクリックの送信」をドラッグします。

パラメータの設定画面が表示されるので値を指定します。

パラメータ

送信するマウスイベント

クリックの種類を選択します。

  • 左クリック
  • 右クリック
  • ダブルクリック
  • 左ボタンを押す
  • 左ボタンを離す
  • 右ボタンを押す
  • 右ボタンを離す
  • 中クリック

遅延

クリックを送信するまでの時間をミリ秒単位で指定します。

マウスの移動

クリックの位置を調整する場合はONにします。

X・Y

マウスの移動がONの場合にのみ指定します。

移動する距離を指定します。基準(X=0,Y=0)は相対パラメータによって変わります。

相対

マウスの移動がONの場合にのみ指定します。

移動距離の基準(X=0,Y=0)を選択します。

  • 画面
  • アクティブなウインドウ
  • 現在のマウス位置

「画面」と「アクティブなウインドウ」は左上端が基準です。

マウスの移動スタイル

マウスの移動がONの場合にのみ指定します。

  • すぐに
  • アニメーション付き(低速)
  • アニメーション付き(標準速)
  • アニメーション付き(高速)

関連記事

「マウスとキーボード」の使い方の記事一覧