Power Automate Desktop「ショートカット キーを待機する」アクション

特定のキー、またはショートカットキーが押されるまで処理を待機するアクションです。

待機する組み合わせは複数設定可能です。

利用方法

「アクション」の「マウスとキーボード」より「ショートカット キーを待機する」をドラッグします。

パラメータの設定画面が表示されるので値を指定します。

パラメータ

ショートカット キー

待機状態から離脱するキーを選択します。

利用可能なキーは選択可能なもので、+でつなぐとショートカットになります。

初期状態では「Ctrl + A」です。

複数のキーを指定したい場合、説明ではカンマ区切りとなっていますが、

実際はテキストのリストで指定します。

次の例では「Ctrl + N」か「Ctrl + A」のどちらかの入力を待ちます。

タイムアウト時にフローの実行を続行する

ONにすると秒数を指定して制限時間を設定します。

制限時間を過ぎると待たずに、処理が後続に移動します。

OFFの場合は無制限に入力を待ちます。

生成された変数

アクションの結果が格納されます。この変数名は変更可能です。

同一アクションを複数、使用する場合は、どのような値かを示す名前に変更推奨です。

IndexOfShortcutKeyPressed

どのショートカットキーが入力されたかが、一番左のキーを1とした連番で格納されます。

リストでのキー指定でない場合は常に1となります。

タイムアウトで続行した場合は0になります。

エラー発生時

必須ではありませんが、必要があればエラー処理を行います。

Power Automate Desktopを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,700ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。(目次

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。(更新履歴

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

「マウスとキーボード」の使い方の記事一覧