Power Automate Desktop「プロセスが次の場合」アクション

2021年9月15日

If」の仲間でプロセスの状態を条件に処理を分岐するアクションです。

利用方法

「条件」の「プロセスが次の場合」をドラッグします。

パラメータの設定画面が表示されるので値を指定します。

パラメータを設定したら「End」の間に

条件と一致する(Trueになる)場合に実行するアクションを設置します。

パラメータ

プロセスが次の場合

プロセスがどの状態であるかの条件を指定します。

  • 実行されている
  • 実行されていない

プロセス名

条件の対象とするプロセス名を指定します。

候補が表示されるため、それに頼るのが無難です。

エラー発生時

必須ではありませんが、必要があればエラー処理を行います。

関連記事

「条件」の使い方の記事一覧