Power Automate Desktop「Ping」アクション

リモートコンピューターにアクセスできるかどうかを確認するアクションです。

利用頻度はかなり低いアクションです。

基本的にリモートデスクトップやWebアクセスするサーバを対象としますが、

実際にはPingに応答する機能とそれ以外の機能は別物のため、

Pingで応答がある=と接続できるとは限りません。逆の場合も同様です。

(概ね状態が一致しますが)

またPingで応答確認するケースよりもエラー処理や条件による実施の方が簡潔なケースが多くなります。

利用方法

「アクション」の「システム」より「Ping」をドラッグします。

パラメータの設定画面が表示されるので値を指定します。

パラメータ

ホスト名

応答を確認する対象のドメイン名、またはIPアドレスを指定します。

タイムアウト

応答を待つ時間をミリ秒で指定します。

この時間を超えるとエラーになります。

エラー発生時

必須ではありませんが、必要があればエラー処理を行います。

記事一覧

「システム」の使い方の記事一覧