Power Automate Desktop「Windows 環境変数を削除」アクション

指定の環境変数を削除するアクションです。

システムエンジニア以外では環境変数を利用する頻度は低いため、

利用するアプリケーションで何らかの指定がある場合、程度でしょう。

それ以外の場合、環境変数についての知識なしでは操作しないことを推奨します。

利用方法

「アクション」の「システム」より「Windows 環境変数を削除」をドラッグします。

パラメータの設定画面が表示されるので値を指定します。

パラメータ

環境変数名

削除対象の環境変数の名前を指定します。(存在しない変数名はエラーになります)

入力も可能ですが、アクセスできる環境変数の一覧が表示されるので

その中から選択すると作業量が少なくて済みます。

種類

環境変数がユーザ固有のものか、全ユーザ共通のもの(システム)かを指定します。

記事一覧

「システム」の使い方の記事一覧