Excel Office スクリプト セルにハイパーリンクを設定

2021年11月6日

Office スクリプトによるセルへのハイパーリンク(Web、ドキュメント内)の設定方法を紹介します。

こちらと遂になる機能です。

解説

次のコードで設定します。(赤字は適宜変更

// Webサイトにリンク
workbook.getWorksheet("Test").getRange("A1").setHyperlink({
    address: "リンク先のURL",
    textToDisplay: "セルの値",
    screenTip: "マウスオーバー時の吹き出し(ツールチップ)"
});

// ドキュメント内へリンク
workbook.getWorksheet("Test").getRange("A2").setHyperlink({
    documentReference: "リンク先のセルアドレス",
    textToDisplay: "セルの値",
    screenTip: "マウスオーバー時の吹き出し(ツールチップ)"
});

Webサイトへのリンクはaddressプロパティにリンク先URL、

セル内リンクはdocumentReferenceプロパティにリンク先のセルアドレスを設定します。

共通でtextToDisplayプロパティにセルの値、

screenTipプロパティに吹き出し(ツールチップ)の内容を設定します。

次のコードはA1セルにWebサイトへのリンク、

A2セルにドキュメント内へのリンクを設定する例です。

コードサンプル
実行結果

Office スクリプトを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り700円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

Excel Office スクリプトの記事一覧

ハイパーリンクの設定方法