UiPath Excel(モダン) グラフを更新 アクティビティ

2022年1月17日

Excelブックのグラフを更新するアクティビティです。

アクティビティの使い方

最初に「アクティビティ」、「利用可能」、「アプリの連携」、「Excel」より

Excel プロセス スコープ」をシーケンスにドロップ、

その中の「実行」に「Excel ファイルを使用」をドロップ、

更にその中の「実行」に「グラフを更新」をドロップします。

「変更の追加」をクリックして更新する項目を選択します。

「グラフの更新」の中に個々の項目のアクションが追加されます。

ここに更新の具体的な内容を指定します。

プロパティ(共通)

共通

表示名を設定します。

表示名はデザイナーパネルに反映されます。

「グラフを更新」アクティビティが一つであればそのままで良いですが

複数ある場合はどのセルにどのようなグラフを作成するかを示す

名前を付けるようにしましょう。

入力

更新対象のグラフを指定します。

キー入力も可能ですが、ルールが特殊なため

+をクリックしてガイドを利用する方が効率的です。

+をクリック後、次の何れかの方法でグラフを指定します。

  • 存在するグラフの一覧から選択
  • 「Excel 内で示す」(Excelブックを開いて指定)
  • 「カスタム入力」(シート名とグラフ名を手入力)
  • 変数で指定
存在するシート・グラフの一覧から選択

Excel ファイルを使用」で指定しているブックの中に

存在しているグラフ一覧が表示されるため、この中から指定します。

この方法が一番楽で確実ですが、1つのシートに多くのグラフがある場合は

名前とグラフの対応付けが難しい場合があります。

(ここのグラフ名はExcelで通常表示されるものとは異なるため)

Excel 内で示す

対象ファイルを開いて取得する場所を指定します。

この方法にはExcelにUiPathのアドインをインストールする必要があります。

(インストールされていない場合、インストールするかの確認が出ます)

取得するグラフを指定して確認をクリックするとUiPathに反映されます。

最も対応付けがしやすい確実な方法です。

カスタム入力

次のダイアログが表示されるため、シート名とグラフ名を指定します。

ここのグラフ名は確認しにくいため、扱い辛い機能です。

変数で指定

UiPath.Excel.IChartRef型の変数を指定します。

グラフの挿入」で追加・変数化したグラフに利用します。

その他

UiPathのログに引数や変数の値が表示されるかを指定します。

機密性の高い情報を取り扱う場合にのみチェックする必要があります。

プライベートのキャプチャ

プロパティ(データ範囲を変更)

グラフのデータ範囲を変更します。

キー入力も可能ですが、

ルールが特殊なため+をクリックしてガイドを利用する方が効率的です。

+をクリック後、「Excel 内で示す」(Excelブックを開いて指定)か

「カスタム入力」(シート名とセルアドレスを手入力)を選択します。

Excel 内で示す

対象ファイルを開いて読み込む場所を指定します。

この方法にはExcelにUiPathのアドインをインストールする必要があります。

(インストールされていない場合、インストールするかの確認が出ます)

書き込むセルを指定して確認をクリックするとUiPathに反映されます。

カスタム入力

次のダイアログが表示されるため、シート名とセルのアドレスを指定します。

プロパティ(グラフのタイトルを変更)

グラフタイトル表示の有無と、表示する場合はタイトルを指定します。

プロパティ(軸のタイトルを更新)

軸タイトル(横方向/縦方向)の表示の有無を指定します。

プロパティ(軸の最大値/最小値を更新)

軸(横方向/縦方向)と最大値/最小値を指定します。

プロパティ(凡例を表示/非表示)

凡例を表示する場合はチェックします。

プロパティ(データラベルを表示/非表示)

データラベルを表示する場合はチェックします。

関連記事

Excel関連アクティビティの記事一覧