UiPath Excel(モダン) ファイルを保存 アクティビティ

Excelブックに対する変更を保存するアクティビティです。

Excel ファイルを使用」で「変更を保存」をチェックしていない場合は

このアクションで保存しなければ変更内容が破棄されてしまいます。

また「データ接続を更新」だけを実施した場合は

「変更を保存」をチェックしていても

このアクティビティで保存する必要があります。

アクティビティの使い方

最初に「アクティビティ」、「利用可能」、「アプリの連携」、「Excel」より

Excel プロセス スコープ」をシーケンスにドロップ、

その中の「実行」に「Excel ファイルを使用」をドロップ、

更にその中の「実行」に「ファイルを保存」をドロップします。

プロパティ

共通

表示名を設定します。

表示名はデザイナーパネルに反映されます。

「ファイルを保存」アクティビティが一つであればそのままで良いですが

複数ある場合はどのブックを保存するかを示す

名前を付けるようにしましょう。

入力

保存するブックを選択します。

キー入力も可能ですが、

ルールが特殊なため+をクリックしてガイドを利用する方が効率的です。

+をクリック後、ブックを指定します。

ここには「Excel ファイルを使用」の参照名に設定したものが表示されます。

関連記事

Excel関連アクティビティの記事一覧