UiPath Excel(モダン) ピボット テーブルを作成 アクティビティ

開いているExcelブック内にピボットテーブルを新規作成するアクティビティです。

Excel内での作成に比べて細かい指定ができないため

UiPathで作成するよりは作成済みのブックを用意して

そのブックのデータを更新する方がお勧めです。

よって、その方法がとれない場合が主な用途となるでしょう。

アクティビティの使い方

最初に「アクティビティ」、「利用可能」、「アプリの連携」、「Excel」より

Excel プロセス スコープ」をシーケンスにドロップ、

その中の「実行」に「Excel ファイルを使用」をドロップ、

更にその中の「実行」に「ピボット テーブルを作成」をドロップします。

続いてデータソースや作成場所を指定していきますが、

ExcelにUiPathのアドインをインストールする必要があります。

もしインストールされていない場合、インストールするかの確認が出ます。

「ソース」でピボットテーブルのデータソースを指定します。

「+」の 「Excel ファイルを使用」 での参照名(サンプルではExcel)より、

「Excel内で示す」を指定します。

Excel ファイルを使用」 で テンプレートファイルを指定しない場合はここで指定します。

テンプレートファイルにはUiPathで実際に操作するブックと同じ構造のファイルを指定します。

そしてデータソースの範囲を指定して確認をクリックするとUiPathに反映されます。

「新しい表の名前」に作成するピボットテーブルの名前を指定します。

「ターゲット」にはピボットテーブルの作成場所を指定します。

続いて表示項目を指定していきます。

ここは「ピボット テーブル フィールドを追加」ボタンを押して

可変で追加していきます。

「ピボット テーブル フィールドを追加」ボタンを押すと

アクティビティが追加されます。1フィールド1アクティビティです。

追加したらまず種類を選択します。

  • フィルター

値はピボットテーブルの集計値とする項目です。

行と列を両方用意するとクロス集計になります。

フィルターは項目としては用意できますが、

条件までは指定できないためUiPathで利用する意味は薄いです。

(あとからExcelで開いて操作を想定する場合、程度)

「種類」が「値」の場合は関数も指定します。

  • Sum(合計)
  • Average(平均)
  • Count(全件数)
  • Max(最大)
  • Min(最小)
  • Product(積)
  • CountNumbers(数値の件数)
  • StdDev(標準偏差-全数)
  • StdDevp(標本標準偏差-抜き取り)
  • Var(分散-全数)
  • Varp(分散-抜き取り)

「フィールド」に対象の項目(Excel列)を指定します。

この状態で実行すると次のようになります。

関連記事

クラシック設定の類似アクティビティ

Excel関連アクティビティの記事一覧