UiPath Excel ピボットテーブルを作成 アクティビティ

2020年10月25日

「ピボットテーブルを作成」はテーブルを元データに

ピボットテーブルに追加するアクティビティです。

この記事では使い方を紹介します。

アクティビティの使い方

まず「利用可能」、「UI Automation」、「アプリの連携」、

「Excel」より「Excel アプリケーション スコープ」を設置し

ブックのパスにテーブルのあるファイルを指定します。

そして「Excel アプリケーション スコープ」の中に

「利用可能」、「UI Automation」、「アプリの連携」、

「Excel」、「テーブル」より「ピボットテーブルを作成」をドラッグします。

「Excel アプリケーション スコープ」の中に「ピボットテーブルを作成」をドラッグする図解

次に保存先と入力のプロパティを設定します。

項目説明
テーブル名追加するピボットテーブルの名前を指定
範囲追加する位置をセルアドレスで指定
保存先プロパティ
項目説明
シート名ピボットテーブルを作成するシート名を指定。
存在しない場合はシートが新規作成される。
元のテーブル名元データとなるテーブルの名前を指定
入力プロパティ

このように指定すると「商品テーブル」を元データとした「商品ピボットテーブル」が

「Sheet2」の「A1」に作成されます。(Sheet2がなければ追加)

プロパティの入力例の図解
実行前ブックのキャプチャ
実行前のブック
実行後ブックのキャプチャ
実行後のブック

プロパティ

共通

表示名を設定します。

共通のキャプチャ

表示名はデザイナーパネルに反映されます。

デザイナーパネル上の表示のキャプチャ

通常表示で入力と保存先プロパティの内容が

デザイナーパネルに表示されるため変えなくても問題はありませんが

縮小して表示名だけにする場合はデータ元のテーブル名を明記するとよいでしょう。

保存先&入力

入力のシート名が紛らわしいので、まとめて紹介します。

入力と保存先のキャプチャ
項目説明
テーブル名追加するピボットテーブルの名前を指定
範囲 追加する位置をセルアドレスで指定
シート名 ピボットテーブルを作成するシート名を指定。
存在しない場合はシートが新規作成される。
元のテーブル名 元データとなるテーブルの名前を指定

その他

UiPathのログに引数や変数の値が表示されるかを指定します。

機密性の高い情報を取り扱う場合にのみチェックする必要があります。

プライベートのキャプチャ

関連記事