Excel 関数の対象範囲を列で分割し、列ごとの集計結果を取得(BYCOL関数)

BYCOL関数は2022年2月にMicrosoft365(Office365)のExcelに追加された新機能です。

LAMBDA関数のヘルパー関数で関数の引数の範囲を

列で分割し、列ごと結果をスピルで取得します。

仕様

=BYCOL(セル範囲,LAMBDA関数によるカスタム関数))
引数省略時の値説明
セル範囲省略不可計算範囲を指定します。
この範囲は列で分割されます。
LAMBDA関数によるカスタム関数省略不可LAMBDA関数で1列ごとに行う数式を指定します。
引数の詳細

使い方

次の例ではB8セルに数式を設定するとスピルで自動的にC8とD8セルに拡張されます。

=BYCOL(B5:D7,LAMBDA(合計範囲,SUM(合計範囲+合計範囲*A2)))

BYCOLなしでのLAMBDA関数を使用や通常のスピルではB5:B7全範囲の合計になりますが、

この場合は列ごとの合計を一つの数式で作ることが可能になります。

複数人で利用するようなブックで特に有効で、

伝統的な数式コピーで対応した場合に途中の式だけ壊されて

検出しにくいようなケースを防ぐことが可能です。

Excelを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,400ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方、関数の解説(140種類)、

頻出テクニックと実用例(109種類)、

XLOOKUP関数、LET関数、シートビュー、LAMBDA関数、スピルなど便利な新機能を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

関数の仕様と使い方の記事一覧