Power Automate Desktop LINE通知を送信する方法

2022年6月13日

Power Automate DesktopでLINE通知を送信する方法を紹介します。

前提条件としてLINEにアカウント登録している必要があります。

手順

準備(LINE Notify登録)

LINE Notifyにアクセスし、右上の「ログイン」をクリックします。

LINEのアカウント情報を入力してログインします。

右上のメニューから「マイページ」を選択します。

「トークンを発行する」をクリックします。

任意のトークン名と通知先のトークルームを選択します。

トークンが発行されるためコピーします。

このトークンはこの画面を閉じると確認できません。

(その場合、削除して再作成)

そしてトークンは関係者以外に知られないように管理します。

Robin言語(コピー&ペースト用)

Power Automate Desktopにコピー&ペーストして利用可能です。

Token変数の内容とMessage変数の内容を変更する必要があります。

SET Token TO $'''トークン'''
SET Message TO $'''メッセージ'''
Web.InvokeWebService.InvokeWebService Url: $'''https://notify-api.line.me/api/notify''' Method: Web.Method.Post Accept: $'''application/json''' ContentType: $''' application/x-www-form-urlencoded''' CustomHeaders: $'''Authorization: Bearer %Token%''' RequestBody: $'''message=%Message%''' ConnectionTimeout: 30 FollowRedirection: True ClearCookies: False FailOnErrorStatus: False EncodeRequestBody: False UserAgent: $'''Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.8.1.21) Gecko/20100312 Firefox/3.6''' Encoding: Web.Encoding.AutoDetect AcceptUntrustedCertificates: False ResponseHeaders=> WebServiceResponseHeaders Response=> WebServiceResponse StatusCode=> StatusCode

フロー作成

トークンと通知メッセージ用の変数を用意します。

「HTTP」の「Webサービスを呼び出します」を設置します。

項目設定値
URLhttps://notify-api.line.me/api/notify
メソッドPOST
受け入れるapplication/json
コンテンツ タイプapplication/x-www-form-urlencoded
カスタム ヘッダーAuthorization: Bearer %トークン用の変数%
要求本分message=%通知メッセージ用の変数%
要求本文をエンコードしますオフ

このフローを実行するとLINE通知が送信されます。

もし送信に失敗した場合は生成された変数の%WebServiceResponseHeaders%と

%WebServiceResponse%にエラーの情報が設定されます。

Power Automate Desktopを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,700ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。(目次

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。(更新履歴

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

初心者向けの記事一覧