Excel 指定した文字位置&文字数を文字列を置換(REPLACE関数)

2019年4月13日

REPLACE関数は文字位置と文字数を指定して

文字列を置換する関数です。

名前がややこしいですが、

特定文字を検索して置換する場合は

SUBSTITUTE関数の方を使用します。

仕様

REPLACE(文字列,開始位置,文字数,置換文字列)

<文字列>
置換の対象とする文字列かセルを指定します。

<開始位置>
置換を開始する位置を数値かセルで指定します。
1から始まります。0では#VALUE!エラーとなりますが、
文字列の文字数を超えている場合は常に末尾となります。

<文字数>
置換を終了する位置を開始位置からの文字数を数値かセルで指定します。
0を指定した場合、削除される文字がなく挿入となります。
文字列より大きい数値を指定した場合、
常に開始位置以降の全ての文字が置き換えられます。

<置換文字列>
置換先の文字列を文字列かセルで指定します。

使用例

開始位置が文字列の数を超えているパターン、

開始位置が0、文字数が0のパターンなど

様々なケースを列挙します。

REPLACE関数の様々なパターンの実行結果。
文字列の文字数より、開始位置や文字数が上回るケース、文字数が0のケース、開始位置が0のケースなど

サンプルファイル

関連記事

特定の文字列を検索して置換するSUBSTITUTE関数

関数の仕様と使い方の記事一覧

フォローする