Excel ファイル保存の方法

2019年5月1日

概要

作成したExcelブックをディスクに保存し

後から編集・閲覧できるようにする

手順を紹介します。

手順

上書き保存

左上の「上書き保存ボタン」を押下するか

Ctrl+Sキーを同時押しすると保存されます。

開いたあと編集している場合に

右上の「閉じる」ボタンで

ブックを閉じようとすると

確認ダイアログが表示され、

ここでも保存することが可能です。

「上書き保存ボタン」と「閉じる」ボタン
保存ダイアログ

未保存のファイルの場合、

ファイルの保存場所とファイル名を

指定する必要があります。

名前を付けて保存

既に保存済みのファイルを

別名でコピー保存することや

ファイル形式を変更して

保存したい時に使用します。

それにはまず「ファイル」タブを

選択します。

「ファイル」タブを選択

「名前を付けて保存」を選択します。

「名前を付けて保存」を選択

ファイル名、保存場所、ファイル形式を

設定するダイアログが表示されるため

任意の設定を行い保存すれば完了です。

関連記事

新規ブックの作成方法

初心者向け記事一覧