Excel 視覚に障碍のある人が支障なく読めるブックかを検査する方法(アクセシビリティ チェック)

2021年11月6日

Excelには視覚に障碍のある人向けに音声読み上げ機能が存在しています。

アクセシビリティ チェックはブック中の全ての要素が

音声読み上げ可能な状態であるかを検査し、解決方法を提示します。

この記事ではその手順を紹介します。

手順

「ファイル」をクリックし「ブックの管理」より

「アクセシビリティ チェック」を選択します。

「ファイル」をクリックし「ブックの管理」より「アクセシビリティ チェック」を選択

検査結果とその場所が表示されます。

それぞれの結果をダブルクリックすると

該当箇所にジャンプするため追加情報の「修正が必要な理由」と

修正方法を確認しながら対応を検討します。

アクセシビリティチェック結果

チェックの対象はオブジェクトの代替テキスト、

セル結合、テーブルの列見出しなど多岐にわたります。

またチェック結果には重要度があり、対応するかどうかの検討材料とします。

重要度のレベル

レベル説明
エラー 障碍のあるユーザーにとって理解が非常に困難か不可能
警告多くの場合に障碍のあるユーザーにとって理解が困難
ヒント障碍のあるユーザーにとって理解可能ではあるが
利便性の向上のために改善することが望ましい

Excelを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,400ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方、関数の解説(140種類)、

頻出テクニックと実用例(109種類)、

XLOOKUP関数、LET関数、シートビュー、スピルなど便利な新機能を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

関連記事

ブックの検査関連

ブック内に隠し情報がないかをチェックし情報漏洩を防ぐ(ドキュメント検査)

過去バージョンでも使用できるブックかを検査(互換性チェック)

初心者向け記事一覧