Excel 指定の文字が何バイト目にあるかを調べる (FINDB関数)

概要

FINDB関数は指定の文字列が

何バイト目に存在するかを

調べるための関数です。

実用的にはFIND関数の方が

利用頻度が高いと思われます。

基本的な挙動は同様のため

詳細な利用法はこちらに記載します。

このFIND関数と基本的な挙動は同じですが

2バイト文字(主に全角文字)の

取り扱いが異なり、

FINDでは1としてカウントし、

FINDBでは2としてカウントします。

仕様

FINDB(検索文字列,対象,開始位置)

<検索文字列>
検索する文字列かセルを指定します。

<対象>
検索対象となる文字列かセルを指定します。

<開始位置>
検索を開始する位置を数値かセルで指定します。
先頭は1です。開始位置は省略可能です。

使用例

基本的な例(FIND関数との比較)

このような結果になります。

FINDBでは全角文字を2とカウントするため

FIND関数と結果に差が出ます。

FIND関数とFINDB関数の結果の差

関連記事

応用例

FIND・FINDB関数で右(後ろ)からN文字目の検索する方法

FIND・FINDB関数に複数の検索文字列を指定する方法

関数の記事一覧