Excel スクリーンショット(キャプチャ)を撮る方法

Excelに画面のキャプチャを

貼り付けたい場合の手順を紹介します。

なお、別途にインストールが必要な

キャプチャツールは除外します。

手順

Windowsの機能

こちらの利用頻度が多いと思われます。

ショートカットキーでキャプチャを撮ります。

[PrintScreen]画面全体のキャプチャを
クリップボードに登録
[PrintScreen] + [Alt]アクティブなウインドウの
キャプチャをクリップボードに登録

クリップボード登録のため

別途Excelにペーストする必要があります。

加工はペイントツールにペーストして行うか

Excel上のトリミングなどを使用します。

後述するExcelの機能は

ブック自体を撮影できないため

Excelの内容をキャプチャする場合は

このショートカットキーを利用します。

Excelの内容の場合、当然ながら

元を更新するとキャプチャに反映されません。

更新の度にキャプチャを

貼りなおす必要がありますが、

それならキャプチャより

カメラの利用を推奨します。

Excelの機能

Excelブック自体の撮影は出来ませんが、

他のウインドウを撮影する場合は

こちらの方が扱いやすいです。

「挿入」の「図」より

「スクリーンショット」を選択します。

「挿入」の「図」より「スクリーンショット」を選択

Excel以外で開かれているウインドウが

列挙されるのでそれを選択すると

そのウインドウのキャプチャが

シートに追加されます。

「画面の領域」を選択すると

Excelが画面非表示になり、

キャプチャ範囲を選択する

モードになります。

関連記事

列の長さの異なる複数の表を綺麗に並べる方法(カメラ)

フォローする