Excel 文字に対応するUnicode番号を取得(UNICODE関数)

概要

UNICODE関数は指定した文字が

Unicodeで何番なのかを取得する関数で、

UNICHAR関数の逆の機能の関数になります。

この記事ではUNICODE関数の

仕様と実行例を紹介します。

仕様

UNICODE(文字列)

<文字列>
Unicode番号を取得する文字列かセルを指定します。
2文字以上の文字列の場合、
先頭の文字のみが対象となります。

実行例

引数と実行例です。

UNICODE関数の実行例

先頭の文字以外を判定したい場合は

LEFT関数などで判定する文字を切り出しましょう。

関連記事

関数の記事一覧