Excel 指定シートの番号を取得(SHEET関数)

SHEET関数はシートの取得する関数です。

左から順に振られ1から始まる連番です。

この記事ではSHEET関数の仕様と用途、

実行例、注意事項を紹介します。

仕様

SHEET(値)
<値>
番号を取得する対象を指定します。
セル指定の場合、指定したセルの所属シートの番号します。
文字列の場合、そのシート名の番号を取得します。
省略した場合、関数セルの所属シートを取得します。

実行例

引数を省略した場合、

関数を記述したシートの番号を取得します。

引数を省略した場合の実行例

シートを並び替えると番号も変わります。

1から左から何番目かです。

引数を指定する場合は

下記のようになります。

引数を指定する場合の実行例。セル指定と文字列指定の結果の違い

文字列で「東京」を指定すると

シート名「東京」の番号が変えるため

「東京」の値のセルを指定すると

同じ結果になるように感じますが

その場合、指定セルの属するシートが

対象となるため異なる結果となります。

SHEET関数を使用する際は

その差に留意する必要があります。

用途

使う機会は非常に限られる関数です。

マクロや外部プログラムから

番号指定でワークシートにアクセスする際、

アクセスしたいシートの番号を

確認するのが主な用途です。

関連記事

関数の仕様と使い方の記事一覧

フォローする