最頻値(現れる頻度が最も高い数値)を取得(MODE関数)

MODE.SNGL関数は最頻値(モード)を

取得する関数です。

この記事では関数の仕様と

使用例を紹介します。

ただしMODE関数は旧バージョンExcelとの

互換性のために残されている関数で

今後、使用できなくなる可能性があります。

可能な限り、こちらの関数を使用しましょう。

仕様

MODE(数値1~255)
<数値1~255>
数値をカンマ区切りで指定、またはセル指定

使用例

C4~C19の数値に対してMODE関数を使用します。

最頻値は2と9ですが、

取得できる最頻値は1つだけです。

この場合、最初(最も左上)に現れる

9がMODE関数の結果となります。

MODE関数の使用例

関連記事

関数の仕様と使い方の記事一覧

フォローする