Excel 二乗した値の合計を取得(SUMSQ関数)

SUMSQ関数は指定した

セル範囲内の数値を

それぞれ二乗した上で

合計する関数です。

この記事ではSUMSQ関数の

仕様と使用例、用途を紹介します。

仕様

SUMSQ(数値1~255)
<数値1~255>
合計する数値かセルを指定します。

使用例

SUM関数と同様にセル範囲を指定します。

SUMSQ関数の使用例

関連記事

SUM系関数

数値の合計を取得(SUM関数)

関数の仕様と使い方の記事一覧