UiPath Studioの基本的な画面

2020年9月6日

こちらの記事から引き続き、UiPath Studioの画面概要を説明します。

UiPath StudioとはUiPathで自動化ツールを作るための画面です。

画面説明

起動画面

UiPath Studioを起動した際に最初に表示される画面です。

UiPath Studioの起動画面
プロセス空の状態でのプロジェクト新規作成を行います。
開く作成済みのプロジェクトを開きます。

今回は「プロセス」で新規プロジェクトを作成します。

「新しい空のプロセス」ウインドウが表示されるので任意の名前と場所、説明を入力します。

下記のように入力すると「場所」のフォルダの下に「名前」のディレクトリが作成されます。

「新しい空のプロセスを作成」ウインドウ

作成画面

起動画面の次に作成画面が立ち上がります。

作成画面

この中で利用頻度の高いパネルについて説明します。

アクティビティパネル

アクティビティは自動化で利用する各種の部品のことです。これを並べてツールを作成します。

アクティビティ概要
Orchestrator作成した自動化ツールの動作や連携を管理
UI Automationマウスやキーボード、ウインドウなど人間が行う具体的な操作を代替
アプリの連携ExcelやOutlookなど主要なアプリケーションとの連携
システムファイル管理やダイアログ表示などWindowsの機能との連携
プログラミングUiPath特有の変数やデータ管理
ユーザーイベントキー入力やマウス操作など人間の操作を検知
ワークフロー判断、繰り返しなど自動化の流れを制御
作成画面-アクティビティパネル

デザイナーパネル

自動化の流れを視覚的に表示するパネルです。

ここにアクティビティをマウス操作で配置し自動化ツールを組み立てて行きます。

作成画面-デザイナーパネル

プロパティパネル

アクティビティに個別の設定を行います。内容は多岐に渡りますがExcelの場合、

ファイル名やシート名、セルを指定するのがプロパティの役割になります。

作成画面-プロパティパネル

デザインリボン

ツールの保存や操作の記録など作成時に常用する機能の集まりです。

作成画面-デザインリボン

デバッグリボン

自動化ツールをテスト(試験動作)させる際に動作を止める、再開する、

一つだけ次の動作を行うなどを行う機能の集まりです。

作成画面-デバッグリボン

次の記事

関連記事

初心者向けの記事一覧

リンク