UiPath Excel 行を読み込み アクティビティ

「行を読み込み」はシートの指定行のセル値を

一括で取得するアクティビティです。

「セルを読み込み」 の行バージョンになります。

この記事ではその使い方と機能を紹介します。

アクティビティの使い方

まず「Excel アプリケーション スコープ」を

設置しブックのパスに読み込むファイルを指定します。

そして「Excel アプリケーション スコープ」の中に

「行を読み込み」をドラッグします

「Excel アプリケーション スコープ」の中に「行を読み込み」をドラッグする図解

読み込むシートのサンプルは

下のようになっています。

この1行目を読み込みます。

読み込むシートのサンプル

行を取得する変数は

System.Collections.Generic.IEnumerable<Object>型です。

初期状態では変数の型に表示されないため

「型の参照」から検索する必要があります。

型の参照を選択する図解

System.Collections.Generic.IEnumerable<T>で検索し、

Objectを選択します。

型を選択する図解

変数はまとまった形(配列)で受け取るため、

実際に使用する際は個々に取り出す必要があります。

基本的には行全ての値に用事があることが多いため

「ワークフロー」、「コントロール」

「繰り返し(コレクションの各要素)」を使用します。

次に繰り返しにプロパティを設定していきます。

「TypeArgument」に「Object」、コレクション値に「IEnumerable<Object>」型の変数を指定。「要素」にアクティビティ内で使用する個々の要素名(変数名)を指定

「コレクション値」プロパティに配列変数を指定し、

「TypeArgument」プロパティに配列に格納する方を指定します。

今回はこのように指定します。

TypeArgumentコレクション値の変数の型を指定。
行の読み込みで取得したIEnumerable<Object>型変数を
コレクション値に使用するためObject型を指定
コレクション値処理を繰り返す配列変数を指定。

次にデザイナーパネル上の「要素」に変数名を指定します。

この変数には繰り返しの度に、

現在対象とする配列の要素が格納されます。

今回の例であれば下記のセル列を

コレクション値に指定しているため

このような動作になります。

読みこむ行のキャプチャ
繰り返しの回数要素の中身
1回目1
2回目ABC
3回目4
4回目

今回の例では繰り返して文字列を結合しています。

結果格納用に「String」型の変数「テキスト」を用意し、

繰り返しの度に繋げていきます。

「代入」アクティビティを「繰り返し」の中にドロップし、

文字列を繋げていく数式を組みます。

プロパティ設定値
右辺値(Value)テキスト+セル.ToString
左辺値(To)テキスト

セルはObject型のため数式に組み込む場合は

ToStringでStringに変換する必要があります。

「代入」アクティビティを組み込んでプロパティを設定する図解

このテキスト変数をメッセージボックスに表示することで

読み込んだ列を並べた結果が表示されます。

メッセージボックスにテキスト変数を指定するキャプチャ
メッセージボックスに表示されるキャプチャ

今回は単純につなげて表示しましたが、

他のシートやファイルに転記したり

集計する使い方が多くなるでしょう。

プロパティ

共通

表示名を設定します。

表示名のキャプチャ

表示名はデザイナーパネルに反映されます。

表示名がデザイナーパネルに表示されるキャプチャ

デザイナーパネルに読み込む対象の

シートとセルが表示されるため

ここを変更する必要性は少ないです。

入力

読み込むシート名と開始セルを指定します。

開始セルからその行の有効な最終セルまで読み込まれます。

途中で空白セルがあってもその先があれば

最後のセルまで対象となります。

入力プロパティのキャプチャ

出力

結果を格納する変数を指定します。先述の通り、

System.Collections.Generic.IEnumerable<Object>を

変数の型として指定します。

出力プロパティのキャプチャ

オプション

出力プロパティのキャプチャ

「表示形式を保持」をチェックすると

数値や日付を読み込む際に

セルの書式を反映した文字列で読み込みます。

例えばセルに日付が入力されていて

年月日で表示している場合、

セルに日付が年月日が入力されている状態のキャプチャ

チェックなしではDatetime型のデータで受け取ります。

「表示形式を保持」のチェックなしで取り込んだキャプチャ

チェックありではExcelの表示通りのString型で受け取ります。

「表示形式を保持」のチェックありで取り込んだキャプチャ

数値の場合、カンマ区切りや0埋めなどで

同様の動作を行います。

その他

UiPathのログに引数や変数の値が

表示されるかを指定します。

機密性の高い情報を取り扱う場合にのみ

チェックする必要があります。

プライベートのキャプチャ

関連記事

Excelから0埋めの数値を取得する方法

Excel アプリケーションスコープ

列を読み込み

セルを読み込み アクティビティ

ダイアログ メッセージボックス