UiPath ワーフクローを終了 アクティビティ

ワークフローを終了は任意のタイミングで

UiPathを異常終了させるアクティビティです。

この記事では、その使い方と機能を紹介します。

アクティビティの使い方

ワークフローを終了はどこにでも設置可能ですが、

トライ キャッチの中と外で設定するパターンがあります。

トライ キャッチの中

この場合はCatchesフィールドの中にドロップします。

Catchesフィールドの中にドロップ

例外プロパティにキャッチした例外変数を指定します。

例外プロパティの設定例(トライキャッチの中)

この状態でツールを起動するとCatchesの中で異常終了します。

異常終了のキャプチャ(トライキャッチの中)

この場合はエラー発生時にログを書き出したり、

何らかの補修を行った後で

異常終了させたい場合に使用します。

再スローと似た動きをしますが、

より上位のトライ キャッチがある場合、

ワークフローの終了の場合、

それにキャッチされない点が異なる点です。

トライ キャッチの外

任意のタイミングで異常終了させるにも利用します。

その場合、トライ キャッチの外にドロップします。

シーケンスの中にドロップ(トライキャッチの外)

理由プロパティに文字列でエラーメッセージを設定します。

理由プロパティの設定例(トライキャッチの外)

この状態でツールを起動すると異常終了します。

異常終了のキャプチャ(トライキャッチの外)

可能な限りトライ キャッチの中で

例外処理を行う方が好ましいですが、

そこまでする必要のない軽いツールの場合で

何からの条件の元に条件分岐の中で使用するのが

主な利用方法となります。

(その場合、スローを使用する方が好ましいですが)

プロパティ

共通

表示名はデザイナーパネルに反映されます。

表示名プロパティ

表示名はデザイナーパネルに反映されます。

デザイナーパネル上の表示

その他(例外と理由)

例外と理由プロパティ

例外プロパティには例外変数を指定します。

トライ キャッチのCatchesフィールドでキャッチした

例外変数を入れるのが主な使い方になります。

理由プロパティにはエラーメッセージを文字列で指定します。

例外と理由を両方指定した場合、

理由プロパティのメッセージが優先されます。

その他(プライベート)

UiPathのログに引数や変数の値が

表示されるかを指定します。

機密性の高い情報を取り扱う場合にのみ

チェックする必要があります。

プライベートのキャプチャ

関連記事

UiPath ワークフロー関連アクティビティの記事一覧