Power Automate 「Office 365 のメールの添付ファイルを OneDrive for Business に保存する」テンプレートの利用方法

2020年11月11日

Power Automateには多くのテンプレートが存在するため

これを探して流用すると効率的にPower Automateを利用できます。

この記事ではメールの添付ファイルを特定のOneDriveのディレクトリにコピーする

テンプレートの使い方を紹介します。

手順

Power Automateの画面の「テンプレート」から

「Office 365 のメールの添付ファイルを OneDrive for Business に保存する」を選択します。

Power Automateの画面の「テンプレート」から「Office 365 のメールの添付ファイルを OneDrive for Business に保存する」を選択

下のような画面が表示されます。

フローの接続先は基本的にログインしているアカウントになります。

表示されているアカウントの内容で良ければ、

そのまま「フローの作成」をクリックします。

別アカウントのメールやOneDriveに切り替える必要がある場合は

「…」ボタンより「新しい接続先を追加」でログイン情報を入力する必要があります。

詳細欄の「編集」リンクをクリックします。

詳細欄の「編集」リンクをクリック

フロー名(ファイル名のようなもの)と説明(メモ書き)を調整し「保存」をクリックします。

行う内容を具体的にしたフロー名や説明を入れると良いでしょう。

フロー名(ファイル名のようなもの)と説明(メモ書き)を調整
「保存」をクリック

次に上のメニューから「編集」リンクをクリックします。

上のメニューから「編集」リンクをクリック

この「フローの編集」画面でツールの動作を調整します。

「フローの編集」の初期状態

最初のパーツの「On new email」をクリックして開き「詳細オプションを表示する」をクリックして

添付ファイルを抽出するメールの条件を設定します。

「On new email」は受信メールに反応するトリガー

この「On new email」は受信メールに反応するトリガーアクションです。

以下の項目を設定していきます。赤字はこのテンプレートで必要な選択肢です。

項目説明
フォルダー対象のメールフォルダを指定
終了Toのメールアドレスを指定。
(この記事を書いている時点では翻訳が変ですが)
CCCCにメールアドレスを指定。
TO または CCTO または CCのメールアドレスを指定。
差出人送信者のメールアドレスを指定
添付ファイルを含める今後のアクションに添付ファイルを対象にするか否かを指定。
・はい…含める
・いいえ…含めない
件名フィルター件名の一部を指定
重要度メールの重要度を指定
添付ファイル付きのみ・はい…添付ファイルのないメールをスキップする
・いいえ…全てのメールを対象とする
詳細オプションの説明
On new emailの詳細オプション

Outlook全般に該当しますが、メールアドレスはENTERキーで確定させて

下のような状態にしないと指定しても削除されてしまいます。

Outlookのメールアドレス指定例

(一部、そうでないアクションも存在します)

今回は差出人にメールアドレスを指定し、特定の送信者のメールのみを対象とします。

次に「Apply to each Attachment to the email」、「Create file」を開きます。

この「Apply to each Attachment to the email」は添付ファイルの数だけ繰り返すアクションで、

Create file」は指定フォルダにファイルを作成するアクションです。

開いたら「Create file」の「フォルダーのパス」のボタンをクリックします。

「フォルダーのパス」のフォルダボタンをクリック

OneDriveのフォルダ選択ボタンが表示されるので任意のフォルダを指定します。

最後に「保存」ボタンを押すと編集したフローが保存されます。

「保存」ボタンを押すと編集したフローが保存

この状態でメールが受信されるたびにフローが実行され

添付ファイルがあれば指定のディレクトリにコピーされます。

ただしクラウドサーバの待ち時間や連続受信の制御などが入るため

メール受信して即実行されるかは限りません。

もし動作状況が気になるなら実行履歴を確認します。

フローの停止削除を行い場合はマイフローより行います。

関連記事