Power Automate 自動化したクラウド フローを作成

2021年1月4日

Power Automateを動かす方法には複数あります。

「自動化したクラウド フロー」はそのうちの一つでメール送信やファイル作成といった

イベントを検知して起動するフローです。

この記事ではその使い方を紹介します。

使い方

Power Automateにアクセスし「作成」より「自動化したクラウド フロー」を選択します。

「自動化したクラウド フローの作成」が表示されるのでフロー名(ファイル名相当のもの)と

トリガー(起動条件)を選択します。

トリガーは多種多様にわたりますが、

メール受信

Office 365 Outlookの新しいメールが届いた時
Office 365 Outlookの新しいメールが届いた時
Outlook.comの新しいメールが届いた時
Outlook.comの新しいメールが届いた時
Gmailの新しいメールが届いた時
Gmailの新しいメールが届いた時

ファイル作成時

SharePointとOneDriveにファイルが作成されたとき
SharePointとOneDriveにファイルが作成された時

ファイル更新時

OneDriveのファイルが作成された時
OneDriveのファイルが作成された時

などが代表例です。

フローの中では動的コンテンツという形でイベントの条件となったものにアクセス可能です。

ファイルであれば「ファイルコンテンツ」(ファイルの内容)、

「ファイルパス」、「ファイル名」などが存在します。

ファイルの動的コンテンツ
ファイルの動的コンテンツ

メールどれあればToやCCのアドレス、件名やメール本文を抽出して操作することが可能です。

メールの動的コンテンツ
メールの動的コンテンツ

これら材料にステップを組み合わせて自動化ツールを作成していく流れになります。

関連記事

自動化したクラウド フローのテンプレート