Power Automate 「既読または未読にする(Office 365 Outlook)」アクション

2021年11月7日

「既読または未読にする(Office 365 Outlook)」は

指定のメールを未読か既読に設定するアクションです。

この記事では、その使い方を紹介します。

利用方法

フローにステップを追加する際に「Office 365 Outlook」コネクタを選択します。

「Office 365 Outlook」コネクタ

「アクション」より「既読または未読にする」を選択します。

「アクション」より「既読または未読にする」を選択

「既読または未読にする」ステップが追加されるのでオプションを設定します。

「メッセージID」は別のアクションやトリガーから動的コンテンツを設定する必要があります。

「次のマークを付ける」でRead(既読)かUnread(未読)かを設定します。

オプション設定

Outlook全般に該当しますが、メールアドレスはENTERキーで確定させて

下のような状態にしないと指定しても削除されてしまいます。

Outlookのメールアドレス指定例

(一部、そうでないアクションも存在します)

最低限、メッセージIDを指定して保存し、フローを起動すれば

メッセージIDに対応するメールに未読か既読に設定されます。

利用例

Power Automateを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:800ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各トリガー/アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

関連記事