Power Automate 「ファイルの削除(Google Drive)」アクション

2020年7月2日

「ファイルの作成(Google Drive)」はGoogle Driveの任意のファイルを削除するアクションです。

この記事では、その使い方とファイルが存在するかを確認してから削除する方法を紹介します。

前提条件

「Microsoft 365 Business」の「Standard」か「Premium」の契約が必要です。

利用方法

フローにステップを追加する際に「Google Drive」コネクタを選択します。

「標準」の少し下の方にあります。

「Google Drive」コネクタを選択

「アクション」より「ファイルの削除」を選択します。

「アクション」より「ファイルの削除」を選択

「ファイルの削除」ステップが追加されるので対象のファイルを設定します。

ここはフォルダーのピッカーで指定します。

パスが表示されるのでキー入力で指定で来そうですが、

中身が実はファイルIDという別物のため実行するとエラーします。(パスは見た目だけ)

この状態で保存しフローを起動すれば指定ファイルが削除されます。

同名ファイルが存在するかを確認して削除する場合

削除する際に指定ファイルがないとエラーしてしまいます。

エラーを回避(事前にチェックして削除)する方法は以下の通りです。

まずGoogle Driveの「フォルダー内のファイルのリスト」を追加します。

Google Driveの「フォルダー内のファイルのリスト」を追加

削除対象のフォルダが存在するフォルダを指定します。

削除対象のフォルダが存在するフォルダを指定

新しいステップとして「コントロール」コネクタを指定します。

新しいステップとして「コントロール」コネクタを指定

「Apply to each」アクションを指定します。

「Apply to each」アクションを指定

「以前の手順から出力を選択」に動的なコンテンツの「本文」を指定します。

「以前の手順から出力を選択」に動的なコンテンツの「本文」を指定

「アクションの追加」をクリックします。

「アクションの追加」をクリック

「コントロール」より「条件」を追加します。

「コントロール」より「条件」を追加

「条件」の左側に動的なコンテンツの「Name」、

中央は「次の値に等しい」、右側に削除したいファイル名を指定します。

右側のファイル名は添付ファイルなどの、

他のアクションの動的なコンテンツになる場合もあります。

「条件」の左側に動的なコンテンツの「Name」、「条件」の左側に動的なコンテンツの「Name」を指定

「はいの場合」の中にGoogle Driveの「ファイルの削除」を追加し、

ファイルに動的なコンテンツの「Id」を指定します。

「はいの場合」の中にGoogle Driveの「ファイルの削除」を追加し、ファイルに動的なコンテンツの「Id」を指定

この状態でフローを保存すると、同名ファイルが存在すれば削除する状態になります。

関連記事

Power Automate アクションの使い方の記事一覧