Power Automate 「メールにフラグを設定(Offce365 Outlook)」アクション

2021年11月7日

「メールの送信(Office 365 Outlook)」は

Office365 Outlookのメールにフラグを設定するアクションです。

この記事では、その使い方を紹介します。

利用方法

フローにステップを追加する際に「Office 365 Outlook」コネクタを選択します。

「Office 365 Outlook」コネクタ

「アクション」より「メールにフラグを設定」を選択します。

「アクション」より「メールにフラグを設定」を選択

「メールにフラグを設定」ステップが追加されるのでオプションを設定します。

項目必須説明
メッセージ IDトリガーなどから取得する動的なコンテンツを指定します。
元のメールボックスのアドレス共有メールアドレスのメールを対象とする場合に指定します。
フラグの状態設定後のフラグの状態を指定します。
・フラグ設定済み
・フラグ設定なし
・完了

Outlook全般に該当しますが、メールアドレスはENTERキーで確定させて

下のような状態にしないと指定しても削除されてしまいます。

Outlookのメールアドレス指定例

(一部、そうでないアクションも存在します)

メッセージIDは主に「新しいメールが届いたとき」トリガーや

「メールにフラグが設定されたとき」トリガーの動的なコンテンツを使用します。

これにより受信メールに特定条件でフラグを設定したり、

フラグ設定されたメールを特定条件でチェックして解除などが可能になります。

なお「メールにフラグが設定されたとき」トリガーの条件に合致していれば、連鎖して起動します。

Power Automateを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:800ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各トリガー/アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事