Power Automate 「メールのエクスポート(Office 365 Outlook)」アクション

2021年11月7日

「メールの送信(Office 365 Outlook)」は

Office365 Outlookの指定メールをファイルとして保存するアクションです。

この記事では、その使い方を紹介します。

利用方法

このアクションに利用にはメールのメッセージIDが必要です。

これを取得するにはトリガーもOffice 365 Outlookのものに限られますが、

その中でも殆どが「新しいメールが届いたとき」トリガーが選択肢になるでしょう。

「新しいメールが届いたとき」トリガー

トリガーの後続にステップを追加する際に「Office 365 Outlook」コネクタを選択します。

「Office 365 Outlook」コネクタ

「アクション」より「メールのエクスポート」を選択します。

「アクション」より「メールのエクスポート」を選択

「メールのエクスポート」ステップが追加されるのでオプションを設定します。

「メールのエクスポート」ステップ
項目必須説明
メッセージID転送するメールを指定します。
トリガーの動的なコンテンツ「メッセージID」を
指定する場合が殆どです。

このままではエクスポートしたファイルが保存されないので、

ファイルの作成(OneDrive For Business)」や「ファイルの作成(GoogleDrive)」で

保存する必要があります。

「メールのエクスポート」の動的なコンテンツ「body」がファイルコンテンツになっているので

ファイルの作成アクションのファイルコンテンツに指定し、ファイル名に任意の名前を指定します。

ファイルの作成アクション

Power Automateを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:800ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各トリガー/アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

関連記事