Power Automate 「メールの削除(Gmail)」アクション

2020年11月10日

「メールの送信(Gmail)」はGmailの指定メールを削除するアクションです。

この記事では、その使い方を紹介します。

利用方法

このアクションに利用にはメールのメッセージIDが必要です。

これを取得するには「新しいメールが届いとき」トリガーでフローを起動する必要があります。

そのまま使うと全てのメールをゴミ箱に入れてしまうため、

トリガー部分で宛先や件名などで起動条件(削除条件)を指定することになります。

「新しいメールが届いたとき」トリガー

トリガーの後続にステップを追加する際に「Gmail」コネクタを選択します。

「Gmail」コネクタを選択

「アクション」より「メールの削除」を選択します。

「アクション」より「メールの削除」を選択

「メールの削除」ステップが追加されるのでオプションを設定します。

「メールをごみ箱に移動します」ステップ
項目必須説明
メッセージIDトリガーの動的なコンテンツ「メッセージID」を指定します。

「メールの削除」ではトリガー条件に合致したメールを消去してしまいます。

後から確認したい場合もあるので、ごみ箱に移動するだけで残す

メールをごみ箱に移動します」の方が無難かもしれません。

関連記事