Power Automate 「イベントの削除(Google カレンダー)」アクション

2021年11月7日

「イベントの削除(Google カレンダー)」はGoogle カレンダーの予定を削除するアクションです。

この記事では、その使い方を紹介します。

利用方法

このアクションにはイベントのIDが必要なため

先に「カレンダーのイベントの一覧を表示する」を設置し、

その結果をループする「Apply to each」の中に

「イベントの削除」を設置する必要があります。

それにはステップを追加する際に「Google カレンダー」コネクタを選択します。

「Google カレンダー」コネクタを選択

「アクション」より「カレンダーのイベントの一覧を表示する」を選択します。

「アクション」より「カレンダーのイベントの一覧を表示する」を選択

カレンダーのイベントの一覧を表示する」ステップが追加されるので

オプションに削除する予定の条件を設定します。(オプションの詳細は該当アクションの記事参照)

「カレンダーのイベントの一覧を表示する」ステップのオプションに削除条件の指定

次に「新しいステップ」をクリックし「Google カレンダー」コネクタを選択します。

「Google カレンダー」コネクタを選択

「アクション」より「イベントの削除」を選択します。

「アクション」より「イベントの削除」を選択

「イベントの削除」ステップが追加されるのでパラメーターを設定します。

「イベントの削除」ステップにパラメーターを設定
項目必須説明
カレンダーID削除するイベントが存在するカレンダーを指定します。
イベントID削除するイベントのIDとして
カレンダーのイベントの一覧を表示する」の
動的なコンテンツの「イベントID」を指定します。

これにより「カレンダーのイベントの一覧を表示する」に

指定した条件に一致する予定が削除されるフローになります。

Power Automateを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1200ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各トリガー/アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。(目次

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。(更新履歴

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事