Power Automate 「イベントの削除(Google カレンダー)」アクション

2020年11月11日

「イベントの削除(Google カレンダー)」はGoogle カレンダーの予定を削除するアクションです。

この記事では、その使い方を紹介します。

利用方法

このアクションにはイベントのIDが必要なため

先に「カレンダーのイベントの一覧を表示する」を設置し、

その結果をループする「Apply to each」の中に

「イベントの削除」を設置する必要があります。

それにはステップを追加する際に「Google カレンダー」コネクタを選択します。

「Google カレンダー」コネクタを選択

「アクション」より「カレンダーのイベントの一覧を表示する」を選択します。

「アクション」より「カレンダーのイベントの一覧を表示する」を選択

カレンダーのイベントの一覧を表示する」ステップが追加されるので

オプションに削除する予定の条件を設定します。(オプションの詳細は該当アクションの記事参照)

「カレンダーのイベントの一覧を表示する」ステップのオプションに削除条件の指定

次に「新しいステップ」をクリックし「Google カレンダー」コネクタを選択します。

「Google カレンダー」コネクタを選択

「アクション」より「イベントの削除」を選択します。

「アクション」より「イベントの削除」を選択

「イベントの削除」ステップが追加されるのでオプションを設定します。

「イベントの削除」ステップにオプションを設定
項目必須説明
カレンダーID削除するイベントが存在するカレンダーを指定します。
イベントID削除するイベントのIDとして
カレンダーのイベントの一覧を表示する」の
動的なコンテンツの「イベントID」を指定します。

これにより「カレンダーのイベントの一覧を表示する」に

指定した条件に一致する予定が削除されるフローになります。

関連記事