Power Automate 「カレンダーの一覧を表示する(Google カレンダー)」アクション

2020年11月11日

「カレンダーの一覧を表示する(Google カレンダー)」は

アクセス可能なGoogle カレンダーの一覧を取得するアクションです。

この記事では、その使い方を紹介します。

利用方法

ステップを追加する際に「Google カレンダー」コネクタを選択します。

「Google カレンダー」コネクタを選択

「アクション」より「カレンダーの一覧を表示する」を選択します。

「アクション」より「カレンダーの一覧を表示する」を選択

「カレンダーの一覧を表示する」ステップが追加されるのでオプションを設定します。

「カレンダーの一覧を表示する」ステップにオプションを設定
項目必須説明
最低限のアクセスロール共有されているカレンダーの場合、
どの権限で以上で共有されているかを指定
・指定なし…全て表示
・freeBusyReader…予定の表示(時間枠のみ、詳細は非表示)
・reader…予定の表示(すべての予定の詳細)
・writer…予定の変更
・owner…変更および共有の管理権限、または自身のカレンダー

予定情報の取得

アレイ(配列)の形で結果が帰るため「Apply to each」で繰り返す必要があります。

それには、まず「組み込み」より「Control」(環境によってはコントロール)を選択します。

「組み込み」より「Control」を選択

「アクション」より「Apply to each」を選択します。

「アクション」より「Apply to each」を選択

Apply to each」ステップが表示されるので「以前の手順から出力を選択」に

動的なコンテンツの「予定表リスト アイテム」を指定します。

また「Apply to each」を置かずに動的なコンテンツの「概要」などを選択すると

Apply to each」が自動作成されるためそれに頼っても構いません。

「Apply to each」ステップの「以前の手順から出力を選択」に動的なコンテンツの「予定表リスト アイテム」(カレンダー内のイベント)を指定

これにより「Apply to each」の中に指定したアクションが

取得したイベントの数だけ繰り返されます。(繰り返されるたびに異なるイベントを対象とする)

Apply to each」の中で動的なコンテンツを指定すると、その予定の情報を利用出来ます。

動的なコンテンツ

項目種類説明
カレンダーID文字列カレンダーの識別子です。
他のアクションにカレンダー指定に使用可能です。
概要文字列カレンダーの名前を取得します。
説明文字列カレンダーの説明を取得します。
タイムゾーン文字列カレンダーのタイムゾーンを取得します。
日本では「Asia/Tokyo」になります。

関連記事