Power Automate 「ボタンをクリックして、メモをメールで送信します」テンプレートの利用方法

Power Automateには多くのテンプレートが存在するため

これを探して流用すると効率的にPower Automateを利用できます。

「ボタンをクリックして、メモをメールで送信します」は、

モバイル端末からメモを送信するためのテンプレートです。

都度の宛先指定などが不要な分、普通にメールを送信するよりも手間を軽減出来ます。

この記事では、このテンプレートの使い方を紹介します。

前提条件

  • モバイル端末に「Microsoft Flow」のインストールが必要です。
  • 「Microsoft Flow」へのプッシュ通知の許可が必要です。

手順

Power Automateの画面の「テンプレート」から

「ボタンをクリックして、メモをメールで送信します」を選択します。

Power Automateの画面の「テンプレート」から「ボタンをクリックして、メモをメールで送信します」を選択

下のような画面が表示されるので「フローの作成」をクリックします。

「フローの作成」をクリック

モバイル端末の「Flow」を起動し「ボタン」より

「ボタンをクリックして、メモをメールで送信します」をタップします。

Emai Subject(送信メールの件名)とEmail Body(本文)を入力し、

右上の「完了」をタップするとメールが送信されます。

改修なしに実施した場合、メールの送信先はログインユーザ、

送信者は「microsoft@powerapps.com」固定です。

改修例(送信先変更と件名固定)

このままでも利用できますが、初期状態では

送信先はMicrosoft365のログインユーザのメールアドレスになります。

宛先を変更したい場合は左上の「編集」をクリックします。

フローが表示されるので「Send emal」をクリックして開きます。

宛先は;区切りで複数追加可能です。先頭の動的なコンテンツはログインユーザです。

不要であれば削除しても構いません。

これによりログインユーザ以外にも固定で送信することが出来ます。

次に件名を固定(毎回の入力不要)します。

それには「手動でフローをトリガーします」を開きEmail Subjectを削除します。

Email Subject削除後

次に「Send emal」をクリックして開きます。

件名の内容を削除し固定のタイトルを指定します。(サンプルではメモ)

そして本文の内容を削除し、動的なコンテンツのEmail Bodyを指定します。

設定後

これにより件名が「メモ」で固定されます。

関連記事