Power Automate 「メール通知を送信する(メール)」アクション

2021年11月7日

「メール通知を送信する(メール)」は任意のタイミングで通知メールを送信するアクションです。

Outlookなどとは違いメールを送信するだけの機能で、差出人も固定なため

アラートや通知メールなどに特化したアクションです。

この記事では、その使い方を紹介します。

利用方法

フローにステップを追加する際に「メールコネクタを選択します。

「メール」コネクタを選択

アクション」より「メール通知を送信する」を選択します。

「アクション」より「メールの送信」を選択

「メール通知を送信する」ステップが追加されるのでパラメーターを設定します。

パラメーターを設定
項目省略時の値説明
宛先省略不可メールの送信先アドレス(To)を指定
件名省略不可メールのタイトルを指定
Body省略不可メールの本文を指定。
末尾に固定で「If you want to unsubscribe from these emails, please use this form.」という文言が付きます。
なお変数中に改行を入れる場合は<br>タグの指定が必要です。
宛先の名前空白Toの表示名を指定
CC空白メールの送信先アドレス(CC)を指定
CCの名前空白CCの表示名を指定
BCC空白メールの送信先アドレス(BCC)を指定
BCCの名前空白BCCの表示名を指定
添付ファイルの名前「添付ファイル コンテンツ」指定時、省略不可添付ファイル名を指定。
添付ファイル コンテンツ空白添付ファイルの内容を指定。
ファイル関連アクションの動的コンテンツの「ファイル コンテンツ」。

最低限、宛先、本文、Bodyを指定して保存し、フローを起動すればメールが送信されます。

メーラーと紐づいているわけではないので、送信済みアイテムなどには残りません。

差出人はmicrosoft@powerapps.com、重要度は普通で固定です。

利用例

Power Automateを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1200ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各トリガー/アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。(目次

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。(更新履歴

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事