Power Automate Desktop 「CSVファイルに書き込みます」アクション

変数(主にデータテーブル)の内容をCSVファイルに書き込むアクションです。

CSVだけでなく、TSVや任意の区切りファイルにも対応しています。

利用方法

「アクション」の「ファイル」より「CSVファイルに書き込みます」をドラッグします。

パラメータの設定画面が表示されるので値を指定します。

パラメータ

ファイルパス

書き込む対象のCSVファイルを指定します。

書き込む変数

書き込む値を指定します。主にデータテーブルを指定します。

エンコード

書き込むテキストの文字コードを指定します。

SJISの場合はシステムの規定値を指定します。

列名を含めます

データテーブルの列名も書き込む場合はONにします。

ファイルが存在する場合

「書き込むテキスト」でファイルを置き換えるか、

既存の内容をそのままで、そこに追記するかを選択します。

区切り記号

区切り文字を選択します。

  • システムの規定値(コンマ)
  • セミコロン
  • タブ

カスタム列区切り記号を使用します

区切り記号に適切な文字がない場合ONに設定し、

カスタム列区切り記号に任意の区切り記号指定します。

エラー発生時

必須ではありませんが、必要があればエラー処理を行います。

関連記事

「ファイル」の使い方の記事一覧