Power Automate Desktop データテーブル(二次元配列)

2021年5月1日

表形式のデータを扱うデータテーブル(二次元配列)について紹介します。

データテーブル(二次元配列)について

作成

アクションの「変数」より「変数の設定」をドラッグします。

「設定」に変数名を指定して、「宛先」に数式を指定します。

まず数式を意味する%で囲み、データテーブルを意味する{}で囲みます。

そして{}の中に,区切りで行を[]囲みで指定します。

行の中では列を,区切りで指定します。

例えば次のような表は %{[1, 'いぬ’], [2, 'ねこ’], [3, 'ぶた’]}% と指定します。

1いぬ
2ねこ
3ぶた

作成済みデータテーブルへの操作

値を取得

数式で %データテーブル[行番号][列番号]%と指定します。

次にリスト(変数名dt)から、最初の行の最初の列を取得するには%dt[0][0]%とします。

列名がある場合、列名でも取得可能です。

行数を取得

数式で %データテーブル.RowCount% と指定します。

列名を取得

数式で %データテーブル.Columns% と指定します。

リストの形式で列名を取得します。

Excelなどから取得すると列名がありますが、

変数の設定で作るとColumn1~(連番)になります。

列数を取得

数式で %データテーブル.Columns.Count% と指定します。

空かどうかを確認

数式で %データテーブル.Columns.IsEmpty% と指定します。

空であればFalse、そうでなければTrueが結果になります。

データテーブル列をリストに取得

アクションの「変数」より「データテーブル列をリストに取得」をドラッグします。

「データ テーブル」にデータテーブル変数を指定し、

「列名またはインデックス」に取得する列を指定します。

(最初の列のインデックスは0です)

「生成された変数」の名前を変えなければ「ColumnAsList」に取得列が格納されます。

ループ(For each)

ループ(For each)に組み込むことも可能です。

反復処理を行う値にデータテーブル変数を指定します。

「生成された変数」の名前を変えなければ「CurrentItem」に、その時の行が格納されます。

数式で%CurrentItem[列番号]%と指定すると、その行の値を取得します。

次の記事

サブフロー

何度も行うフローを一か所にまとめておくサブフローの使い方を紹介します。

関連記事

初心者向けの記事一覧