Power Automate Desktop 「ファイル パス部分の取得」アクション

ファイルパスを指定し、ディレクトリ名やファイル名を取得するアクションです。

利用方法

「アクション」の「ファイル」より「ファイル パス部分の取得」をドラッグします。

パラメータの設定画面が表示されるので値を指定します。

パラメータ

ファイルパス

対象のファイルを指定します。

生成された変数

アクションの結果が格納されます。

この変数名は変更可能です。

同じアクションを複数設置する場合は、どのようなファイルかを示す名称に変更しましょう。

利用しない変数はOFFに変更推奨です。

変数は以下の通りです。

結果欄には「C:\test\test2\Test1.txt」をファイルパスにした結果を記述しています。

変数名説明結果
RootPathファイルのルートパスを取得します。C:\
Directoryファイルのディレクトリ名を取得します。C:\test\test2
FileNameファイル名を取得します。Test1.txt
FileNameNoExtension拡張子のないファイル名を取得します。Test1
FileExtensionファイルの拡張子を取得します。.txt

エラー発生時

必須ではありませんが、必要があればエラー処理を行います。

関連記事

「ファイル」の使い方の記事一覧