Excel Office スクリプト セルのコピー/ペースト

Office スクリプトにおけるセルコピー/ペースト方法を紹介します。

使い方

スクリプトの記録を使うとアクティブシートを対象にしますが、

起動する場所によって挙動が変わってしまうため、

シート名を指定しての操作を推奨します。(赤字は可変部分

ペースト先のセル範囲.copyFrom(コピー元のセル範囲,コピー対象,空白セルを無視,行列の入替)

パラメータのコピー元のセル範囲以外は省略可能です。

ペースト先はセル範囲ですが、単独セルでも構いません。

ペースト可能か不可能かはExcelのコピー&ペーストと同様のルールです。

次の例は全てTestシートのE5セルに対してA1:A5セルの内容をすべてコピーする例です。

getRangeで指定
セルアドレスで指定
セルアドレスで指定(シートも混み)

パラメータ

コピー元のセル範囲(sourceRange)

copyFromメソッドの最初のパラメータで省略不可です。

コピー元のセル範囲のアドレスを指定します。

コピー対象(copyType)

copyFromメソッドの二番目のパラメータで省略可能です。

次のようにコピー対象を指定します。

設定値説明
ExcelScript.RangeCopyType.all通常の貼り付けです。
省略時はこの設定です。
ExcelScript.RangeCopyType.formats書式のみ貼り付けます。
ExcelScript.RangeCopyType.formulas数式のみ貼り付けます。
ExcelScript.RangeCopyType.values値のみ貼り付けます。
コード例

空白セルを無視(skipBlanks)

copyFromメソッドの三番目のパラメータで省略可能です。

trueを指定するとコピー元のセルに値がなければ無視します。

(書式だけがある場合、それも無視します)

falseでは通常の貼り付けが行われます。省略するとfalseです。

コード例

行列の入替(transpose)

copyFromメソッドの四番目のパラメータで省略可能です。

trueを指定すると行列を入れ替えます。

falseでは通常の貼り付けが行われます。省略するとfalseです。

コード例

Office スクリプトを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り700円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

Excel Office スクリプトの記事一覧

Excel データの切り取り、コピー、貼り付け