Power Automate Desktop 改行を式で利用する方法

この記事を書いている時点(2021年6月)では

(VBのvrCrLfのような)改行コードを指定する定数を見つけられなかったため

アクションの応用で改行を変数化して利用する方法を紹介します。

手順

まず「テキストに行を追加」アクションを設置し、

「元のテキスト」と「追加するテキスト」にそれぞれ1文字指定します。

(例では1と2。特殊な文字でなければ何でもよいため、半角英数字がよいでしょう)

次に「サブテキストの取得」アクションを設置し、次のように指定します。

項目設定値
元のテキストテキストに行を追加」アクションで生成された変数
名前を変えていなければ、%Result%
開始インデックス文字の位置
文字の位置2
長さ文字数
文字数1

サブテキストの取得」が実行されると生成された変数に改行コードが格納されます。

これにより改行を式の中に含めることが可能になります。

名前を変えていなければSubtextですが、NewLineなどのほうがわかりやすいでしょう。

関連記事

Power Automate Desktop 初心者向けの記事一覧