Excel Office スクリプト 基本操作

Office スクリプトの基本操作を紹介します。

使い方

スクリプトを新規作成

Excelのメニューより「自動化」、「すべてのスクリプト」をクリックします。

「コードエディター」より「新しいスクリプト」をクリックします。

新規のスクリプトが追加されます。

マクロの場合、ブックごとに保存されていましたが、

Officeスクリプトの場合は別のファイルに保存されます。

そのため、すべてのブックで保存したOfficeスクリプトでそのまま利用可能です。

スクリプトを選択・編集

Excelのメニューより「自動化」、「すべてのスクリプト」をクリックします。

「コードエディター」より開くスクリプトをクリックします。

「編集」をクリックするとスクリプトを編集可能です。

スクリプトの実行

スクリプト選択で「実行をクリック」します。

または「スクリプトの詳細」画面で「実行」をクリックします。

スクリプトの保存

または「スクリプトの詳細」画面で「スクリプトを保存」をクリックします。

ただ定期的に自動保存されるため、クリックする必要性は低いです。

スクリプトの名前・説明変更

スクリプト選択でスクリプト名をクリックすると、

スクリプト名を変更する状態になります。

どのようなスクリプトかを示す名前に変更推奨です。

「説明」にはスクリプト名では表しきれない事項を書くとよいでしょう。

任意なのでなくても構いません。

または「スクリプトの詳細」画面でスクリプト名をクリックすると

スクリプト名を変更する状態になります。

メニューからの設定(複製、削除、共有など)

「…」でメニューを表示して次の操作を行うことが可能です。

項目説明
名前の変更スクリプト名を変更します。
コピーを作成するスクリプトを複製します。
共有初期状態では作成したユーザしか使えませんが、
ブックを開ける他のユーザでも利用できる状態にします。
フローを作成PowerAutomateからスクリプトを利用します。
削除スクリプトを削除します。

次の記事

セルへの値の設定/セルからの値の取得

関連記事

Excel Office スクリプトの記事一覧